ダズンベット(Dozen Bet)とは?意味は?

ダズン・ベット(Dozen Bet)はルーレットの賭け方の一種で、アウトサイドベットに分類されます。

ダズンベットは、1~36までの数字を12ずつ3つに分類したそれぞれへのベットで、当選した場合は2倍の配当(2 to 1)が付きます。

ダズンベットは、それぞれ対応する場所にチップを置けばベット完了です。

このとき、1~12のものについてはファーストダズン(First Dozen)、13~24についてはセカンドダズン(Second Dozen)、25~36についてはサードダズン(Third Dozen)と呼ばれます。

ルーレットのベット全般に言えることですが、置く場所がずれてしまうとディーラーが別の場所へのベットだと勘違いしてしまいます。

そのため、置く場所についてはミスのないようにしましょう。

アウトサイドベットのため、ほかのプレイヤーとベットが重複する場合は重ねずに分けてチップを置きます。

インサイドベットとアウトサイドベットでミニマムベットが異なっているカジノも多いので、金額にも注意が必要です。

【関連ワード】アウトサイドベット

コーナーベット(Corner Bet)とは?【カジノ用語辞典】

2018年10月10日