インディケードカード(indicade card)とは?【カジノ用語辞典】 | カジノワールド

%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%81%91%E3%81%A9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89.png

インディケードカード(indicade card)は、カードの束の中で一番下にあるカードが見えないようにするものです。

バカラやブラックジャックなどのカードを使った多くのテーブルゲームで使われます。

新しいゲームが始まり、カードをシューに投入するとき、底のカードが見えてしまわないようにするために用いられます。

カードを最後まで使い切ることは無く、底のカードまでを使うことは基本的にありませんが、少しでもプレイヤーへの公開情報を減らす目的がカジノ側にはあるようです。

そのため、地域やカジノの方針によってはこのインディケードカード(indicade card)を使わない場所もあります。

尚、現在ではほとんど使われない言葉になっており、カードの束を仕切るカードの総称をカットカードと呼び、そちらが使用されることがほとんどです。

【関連ワード】カットカード、シュー