マーキング(Marking)とは?意味は?

マーキング(Marking)とは、自分のみが分かるような傷や印をカード等に付ける行為のことです。

当然これはイカサマ行為に当たり、もし見つかってしまった場合には重い処罰が課せられてしまいます。

近年では特殊な蛍光インクや特殊なレンズなどを用いたマーキング行為が横行しており、カジノ側も頭を悩ませています。

通常の防犯カメラなどでは対応しきれない部分も多いのがこのマーキングの特徴で、ゲーム開始前には必ずバーンカードを捨てるなどの対策をカジノ側はしています。

ちなみに、こういった理由もあって、スクイーズのあるバカラではカードは使い捨て、その他のカードを用いたゲームでも長くて半日ほどしか使用しません。

【関連ワード】イカサマ、チーティング