オポジットベット(Opposite Bet)とは【カジノ用語辞典】

オポジットベット(Opposite Bet)は、対極的な賭け方の両方に賭ける賭け方を言います。

日本語では両張りと呼ばれることもあるようです。

例えばルーレットの場合は赤と黒の両方に賭け、バカラの場合はプレイヤーとバンカーの両方に賭ける行為を指します。

負けることはほとんどなくなりますが、単純に勝てません。

全く意味のない賭け方に感じますが、マネーロンダリングの際によく使われる手法として有名です。

近年国際的にカジノでのマネーロンダリングが問題になっており、カジノによっては厳しく禁止されている場合もあるので注意しましょう。

【関連ワード】マネーロンダリング