デジタルカジノを開発した社長が逮捕

2018年11月30日のカジノニュースをお伝えします。

デジタルカジノを開発した社長が逮捕

歌舞伎町の違法ネットカジノ「RED」が摘発。など

2018年10月31日

先日始めて摘発されたデジタルカジノだが、このデジタルカジノを開いたとして、賭博場開帳図利でゲーム機製造会社の社長、嵯峨隆由容疑者(43)が逮捕された。

嵯峨容疑者はデジタルカジノにおけるモニターを用いたバカラ台を開発し、今年8月には特許も取得していたという。

取り調べに対して容疑を否認し、「私はバカラ台を作る業者です」と述べている。

もちろん賭博行為は現在の日本では禁止されているものの、賭博行為に使用される機器等の開発製造に関しては全く問題ない。

ただし、今回は摘発された違法カジノを開いた罪に問われているため、事実であれば当然賭博場開帳図利に当たる。

また、嵯峨容疑者は従業員らに対し、「勾留1日で1万払うから逮捕されても俺の名前出すな」などと指示をしていたという。