マカオ、カジノ従業員による業務時間外のカジノ入場禁止へ

2018年12月19日のカジノニュースをお伝えします。

マカオ、カジノ従業員による業務時間外のカジノ入場禁止へ

マカオ立法会全体会議で12月18日、カジノフロアへの入場とカジノ内業務及びゲーミング条件を規定する法律の改正案について審議と表決が行われ、賛成多数で可決された。

改正法は公布から1年後に施行となる。

今回大きな注目を集めているのが、カジノ従業員が業務時間外にカジノへ入場することを禁止された点だ。

ただし、すでに入場禁止対象となっている公務員と同様、春節(旧正月)の三が日は入場が認められるほか、研修や奉仕活動といった正当な理由がある場合は例外扱いとなる。

今回の措置の理由について、カジノでギャンブル依存症となっている職業のうち、無職についでカジノディーラー、及びカジノサービススタッフが多いことが挙げられる。

ちなみに、入場禁止対象者がゲームに参加しているのが発覚した場合、ベットしたかね、及び勝ち金は全て没収となるのだから恐ろしい。

マカオでは、カジノ及び関連従業員が5万4000人おり、少なからず影響は出るだろう。