【北海道】高橋はるみ知事、IR誘致についてまたも明言せず

2018年12月28日のカジノニュースをお伝えします。

【北海道】高橋はるみ知事、IR誘致についてまたも明言せず

高橋はるみ知事

北海道の高橋はるみ知事は27日、北海道新聞のインタビューに応え、IR誘致についての認識を述べました。

これまでIR誘致については曖昧な態度を取ってきましたが、今回のインタビューでも

「第1回定例道議会で各会派が誘致でまとまるのか、やめる方向でまとまるのか、ギャンブル依存症対策をやれとなるのか、状況に沿う形で判断を示すかどうか、今段階で見通せない」

と述べ、名言については避ける形となりました。

また、北海道の複数の自治体が誘致を目指していることについては、

「苫小牧に優位性があるというのは、私もその認識だ」

と語り、道が有識者会議を踏まえ示した「基本的な考え方」の素案の内容をおおむね認める形となりました。

高橋はるみ知事は、現在知事を4期連続で努めてきましたが、来春の任期を以て退任、参院選への出馬を表明しています。

そのため、北海道でのIR誘致の実現は、後任の道知事によって大きく左右される見通しです。