【大阪】「IR推進100社会」による、バスのラッピングがスタート

2018年12月29日のカジノニュースをお伝えします。

【大阪】「IR推進100社会」による、バスのラッピングがスタート

大阪府・市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)について、関西の地元企業を中心に形成された民間団体「IR推進100社会」は28日、広報戦略の一環としてバスのラッピングを発表しました。

ラッピングが施されるのは、市内を周遊する大阪ワンダーループバスです。

大阪の街で、IRを周知していく狙いがあると見られています。

「IR推進100社会」は2019年、大阪にとって最も良いであろうIR事業者を選定、コンソーシアムを組成し、IRの中核施設における3号施設(魅力増進施設)、4号施設(送客施設)について、加盟企業の強みを生かしていく方針です。

特に3号,4号施設については、政府及び大阪府・市が参考とするシンガポールのIRにおいても重要視されていた部分であり、今後の誘致レースでもカギとなってくることが予想されます。