【北海道】知事選は、石川氏と鈴木氏の一騎打ち。【2019/2/6のカジノニュース】

4月の北海道知事選について、元衆議院議員の石川知裕氏(45)が6日、札幌市内のホテルで記者会見を開き、

「出馬する決意をした。北海道の改革と未来のために頑張っていきたい」とコメントし、立候補を表明しました。

立憲民主党道連や国民民主党道連などからの出馬要請を受けての立候補で、対する自民党道連は鈴木直道夕張市長(37)で候補を一本化しており、両者による与野党の一騎打ちが予想されています。

石川氏は「北海道は人口が多く、面積も広くて魅力がある。世界と渡り合える北海道をつくりたい」と語り、無所属で立候補する見通しで8日、正式に出馬会見を開く予定です。

注目のIRについての方針はまだ明確にしていないものの、基本的には自民党推薦の鈴木氏が当選しない限りはIRの北海道での実現は無いだろうと見られています。