【静岡市】市長選の結果、日本平IR構想は頓挫。【2019/4/12のカジノニュース】

静岡市へのIR誘致の可能性がほぼ0となりました。

静岡市長選(8日投開票)の結果、現職の田辺信宏氏(自民党推薦)が当選し、日本平(清水区)へのカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を訴えてきた静岡市長の経験もある天野進吾氏が落選しました。

マレーシアに本社を置くゲンティングループなどもIRの開発に関心を示していましたが、今回の選挙の結果を受けて日本平でのIR構想は事実上消滅したと言えそうです。

静岡県ではこのほかに、牧之原市がIR誘致に名乗りを挙げています。

ただし、牧之原市は単体で政府にIR誘致の申請を行うことが出来ない自治体のため、誘致の是非は静岡県の方針にかかっていると言えるでしょう。