【北海道・苫小牧】ハードロック社、IRへの投資は5500億円規模の見込み【2019/5/24のカジノニュース】

大阪を中心にカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致が全国で盛り上がっていますが、すでに誘致を表明している北海道苫小牧市にも世界中から視線が注がれています。

21日、苫小牧市でのIR進出を目指すハードロックインターナショナル(米)のジェームズ・アレン会長は、苫小牧でのIRに50億ドル(約5500億円)の投資を行う用意があると明かしました。

また、IRによってもたらされる経済効果として直接雇用で4000人、間接的なものも含めると10000人以上の雇用創出効果があるとアピールしました。

アレン氏はIRの開業時期についても言及し、来春にも苫小牧市が政府の区域認定を受けることが出来れば「2022~23年にも開業したい」と意欲を見せました。

ただ、政府はIRに関する「基本方針」の公表を先延ばししており、今後スケジュールについてはさらなる調整が必要になると言えるでしょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です