【横浜】カジノ反対派、ディズニーとの提携を視野に【2019/7/2のカジノニュース】

統合型リゾート(IR)を構成する施設のうち、カジノについて反対を訴える団体「横浜港ハーバーリゾート協会」(藤木幸夫会長)は今月1日、設立集会を開きました。

先日、横浜市あてに反対派として養母書を提出したことを明らかにするとともに、誘致候補地とされる山下ふ頭の再開発案についても具体的に言及。

ディズニーと提携し、豪華客船などの誘致を進めるほか、F1の世界選手権などを誘致していくことを明らかにしました。

ディズニーについては、キャラクターと世界中を巡る船旅を楽しみ、客船内にはカジノを設けない方針で協議を進めているということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です