【横浜】実はカジノ推進派だった反対派筆頭藤木氏【2019/9/17のカジノニュース】

統合型リゾート(IR)の誘致反対派筆頭として知られ、カジノについての危険性を訴える横浜港運協会の藤木会長は、実はもともとカジノ推進派だったという過去を持つ人物であると報じられました。

週刊誌の報道によると、

「(カジノ法案は)通りますよ。間違いないです」、「菅(義偉官房長官)にはもう言ってある。(山下埠頭の再開発は)『俺がやるよ』とね。(中略)そこにカジノだとか、何を呼ぶかは、林が、林(文子横浜)市長が決めること」。

と過去に発言していたとのこと。

これでは説得力が無いと言われても仕方がないのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です