北海道・苫小牧のIRの希望は完全に断たれる。知事が発表。

北海道の鈴木直道知事は29日、苫小牧市を中心に検討していたIRの誘致を完全に見送る方針を発表しました。

IRを取り巻く情勢

先日もお伝えした通り、苫小牧市へのIR誘致の望みが完全に断たれる結果となってしまいました。

予想通り、鈴木知事は誘致の見送りを発表。

 

苫小牧市は単独で誘致を行う政令市の条件をいたしていないため、北海道でのIR誘致は100%亡くなってしまったと言ってよいでしょう。

 

これを受けて、現在誘致に名乗りを挙げている自治体

 

横浜市、大阪府・市、和歌山県、長崎県

の4つとなりました。

 

また、誘致を検討する自治体

東京都、愛知県のみとなっています。

 

IR整備法で定められた、IRの設置上限は最大3カ所。

そのため、今回のように候補地が減ってしまうと、ある種出来レースのような形になってしまうので、残念極まりないですね。

地元の反応

今回の報道を受けて一番残念なのは苫小牧市ではないでしょうか。

 

地方活性化の目玉として期待されたIRの夢が頓挫してしまったのですから、落胆も容易に想像が付きます。

 

緊急記者会見を開いた苫小牧市の岩倉博文市長は

「就任時から取り組んできた。ただただ残念としか言いようがない」とコメント。

 

地元の経済界からも、残念だという声が上がっています。

 

ただ、苫小牧市としては、今回のIR誘致を逃したものの、いつかIRを誘致したいという野望があるようです。

事業者の動き

苫小牧市には、数多くの海外事業者が事務所を開設し、参入へ向け、活動をしていました。

今回の発表を受け、すべてが無駄になってしまったわけですから、こちらも驚きと落胆が隠せないようです。

 

何社かにインタビューを行ったところ、

「状況が一変した」

「コメントを出すのは週明けになる」

「残念でしょうがない。他地域も含め、検討する」

などと回答がありました。