北海道・苫小牧のIRの希望は完全に断たれる。知事が発表。 | カジノワールド | カジノワールド

20191129-1.png

北海道の鈴木直道知事は29日、苫小牧市を中心に検討していたIRの誘致を完全に見送る方針を発表しました。

IRを取り巻く情勢

先日もお伝えした通り、苫小牧市へのIR誘致の望みが完全に断たれる結果となってしまいました。

予想通り、鈴木知事は誘致の見送りを発表。

苫小牧市は単独で誘致を行う政令市の条件をいたしていないため、北海道でのIR誘致は100%亡くなってしまったと言ってよいでしょう。

これを受けて、現在誘致に名乗りを挙げている自治体

横浜市、大阪府・市、和歌山県、長崎県

の4つとなりました。

また、誘致を検討する自治体

東京都、愛知県のみとなっています。

IR整備法で定められた、IRの設置上限は最大3カ所。

そのため、今回のように候補地が減ってしまうと、ある種出来レースのような形になってしまうので、残念極まりないですね。

地元の反応

今回の報道を受けて一番残念なのは苫小牧市ではないでしょうか。

地方活性化の目玉として期待されたIRの夢が頓挫してしまったのですから、落胆も容易に想像が付きます。

緊急記者会見を開いた苫小牧市の岩倉博文市長は

「就任時から取り組んできた。ただただ残念としか言いようがない」とコメント。

地元の経済界からも、残念だという声が上がっています。

ただ、苫小牧市としては、今回のIR誘致を逃したものの、いつかIRを誘致したいという野望があるようです。

事業者の動き

苫小牧市には、数多くの海外事業者が事務所を開設し、参入へ向け、活動をしていました。

今回の発表を受け、すべてが無駄になってしまったわけですから、こちらも驚きと落胆が隠せないようです。

何社かにインタビューを行ったところ、

「状況が一変した」

「コメントを出すのは週明けになる」

「残念でしょうがない。他地域も含め、検討する」

などと回答がありました。

その他の記事

和歌山県にIR反対署名が提出される。 | カジノワールド | カジノワールド

和歌山県にIR反対署名が提出される。 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の誘致を進める和歌山県で、反対派の市民団体らが合計16000ほどの署名を県に提出しました。 提出した団体はそれぞれ「カジノ問題を考える和歌山ネットワーク」「和歌山カジノに反対する海南の会」「ストップ!カジノ和歌山の会」で、そのうち「ストップ!カジノ和歌山の会」の代表は、 「仁坂吉伸知事は新型コロナでは合理的な対応をしたと一部評価されているが、IRカジノの推進については全く合理

続きを読む
菅官房長官「IRは必要不可欠」 | カジノワールド | カジノワールド

菅官房長官「IRは必要不可欠」 | カジノワールド | カジノワールド

自民党総裁選に立候補している菅官房長官は、テレビ神奈川の出演の中で、IRは必要不可欠であるとコメントしました。 今後の経済政策において、インバウンドの拡充、それに付随したIRの整備はひつようであるという考えです。 菅氏は、「カジノだけに目が行きがちだが、家族と共に過ごせる施設やホテル、国際会議の際に家族出来て宿泊で楽しめるなど、政府としてIRは進めていこうと思っている」と話しました。

続きを読む
4日から横浜IRの反対署名活動が始まる。 | カジノワールド | カジノワールド

4日から横浜IRの反対署名活動が始まる。 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の誘致を目指す横浜市で、誘致反対派による署名活動が4日から行われています。 署名を行う市民団体によると、条例制定の直接請求に必要な署名数は有権者の50分の1に相当する約6万筆であるものの、50万筆の署名を目指すということです。 署名は11月までの2カ月間行われ、選挙管理委員会に提出する方針です。

続きを読む
横浜でIR誘致反対集会が開催。誘致表明から一年の節目。 | カジノワールド | カジノワールド

横浜でIR誘致反対集会が開催。誘致表明から一年の節目。 | カジノワールド | カジノワールド

横浜市がIRの誘致を発表してから22日で一年となります。 それに合わせて反対派が集会を開催し、改めてカジノ反対を呼びかけました。 9月から反対を求める署名を集める方針で、市への直接請求の条件である6万人を目指すということです。

続きを読む