ハードロックジャパン社長、北海道IR実現へエール

北海道苫小牧市での統合型リゾート(IR)参入を目指していた事業者から、先日知事が誘致を断念したことに対するコメントが日本経済新聞に掲載されました。

 

「ハードロックインターナショナル」の日本法人「ハードロックジャパン」の町田亜土社長は、

「経済界や行政が誘致をあきらめてはいけない。活動を続けるべきだ」

としています。

 

同社は北海道苫小牧市での参入を目指し、市内に事務所を開設するなど精力的に活動を行っていました。

また、地元の活動への協賛も積極的に行うなどもしており、誘致断念の報は非常にショッキングなニュースだったことでしょう。

 

北海道の鈴木知事は誘致を断念した理由として、

  • 道議会の意見がまとまらないこと
  • 環境問題への配慮

を挙げています。

 

町田社長は、北海道に数百億円の経済効果を毎年もたらすIRの必要性を訴え、今後も活動を続ける方針です。