コロナウイルスの影響はとうとうラスベガスに。MGMがカジノ閉鎖を決定。

新型コロナウイルスの猛威が止まりません。

先日までマカオのカジノが一斉に休業していたのは記憶に新しいですが、今度はあのラスベガスが危機に陥っています。

大手カジノ運営事業者のMGMは15日、同社が運営するラスベガスのホテルやカジノ施設を17日から閉鎖すると発表しました。

MGMは「公衆衛生の危機であることは明らかで、感染拡大を防ぐため、大規模な取り組みが必要とされている」と声明文を出しています。