カッティングカード(cutting card)とは?

カッティングカード(cutting card)は、カットカードとも呼ばれ、シャッフルの終わったカードの束を仕切るために用いられるカードのことを指します。

この時、カードの束の底を隠すカードはインディケートカードとも呼ばれます。

ブラックジャックやバカラなどのゲームでは、新しいゲームが始まる際、お客さんカッティングカードをカードの束に入れてカットすることが出来ます。

その際、カードには絶対に触れないようにしましょう。

また、カッティングカードの部分までカードを引ききった次ゲームでは、シャッフルが入り新たにゲームが始まります。

カッティングカードの色はカジノによって様々ですが、緑が多いように感じます。

プラスチック製であることがほとんどで、特に変わった機能を持っているわけではありません。

【関連ワード】インディケートカード、シュー