パチンコホール売上高は51ヵ月連続で減少、など【2018年8月29日のカジノニュース】 | カジノワールド | カジノワールド

20180829.jpg

2018年8月29日のカジノニュースをお伝えします。

パチンコホール売上高は51か月連続で減少

経済産業省大臣官房調査統計グループが17日、「特定サービス産業動態統計調査」の6月分確定値を公表しました。

これによると、パチンコホールの売上高は、対前年同月比で51カ月連続の減少で、前年同月比でマイナス2.3%となりました。

一般的に繁忙期と呼ばれる8月などを控えていることから、設置台数や従業員数は増加に転じたものの、売上高の減少傾向は続いており、下げ止まる気配はなさそうです。

パチンコホール自体の数も減少傾向が続いており、過去最低の値になっています。

パチンコホール以外でも、対個人サービスの娯楽産業は、遊園地・テーマパークを除いて軒並み売り上げは減少傾向にあり、利用者の減少に歯止めがかからない状況となっています。

また、遊園地、テーマパークについては、団体入場者数が落ち込んだものの、一般入場者数及び客単価の上昇によって、5ヵ月連続の伸びを達成しています。

あくまで6月のデータのため、今後発表されるであろう7,8月のデータがどう出てくるのかが最も重要な情報になります。

一般的には繁忙期に当たる7,8月ですが猛暑の影響で落ち込んだ可能性もあるとみられていて、パチンコホールがどこまで落ち込むのか、遊園地テーマパークは勢いを維持できるのかに注目が集まります。

メルコ(melco)、2018年上半期は大幅な増益

th_002_2014102023200505b-300x168.jpg

カジノやリゾート事業などを世界中で展開するメルコ・インターナショナル(melco international)は、2018年の上半期の財務報告書を香港証券取引所に提出し、109.4%利益が増加したと発表しました。

同社はマカオとフィリピンでカジノリゾートを運営しており、今年初めにCity of Dreams Macauに11億ドル規模のホテルタワー、Morpheusを建設したことなどが要因であると分析しています。

また、今年はキプロスに新しいカジノをオープンさせており、勢いは止まりません。

melcoは、日本のIR進出にも意欲的な姿勢を見せており、特に大阪府については完成図の案も発表するなど今後の動きにも注目が集まります。

その他の記事

和歌山県にIR反対署名が提出される。 | カジノワールド | カジノワールド

和歌山県にIR反対署名が提出される。 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の誘致を進める和歌山県で、反対派の市民団体らが合計16000ほどの署名を県に提出しました。 提出した団体はそれぞれ「カジノ問題を考える和歌山ネットワーク」「和歌山カジノに反対する海南の会」「ストップ!カジノ和歌山の会」で、そのうち「ストップ!カジノ和歌山の会」の代表は、 「仁坂吉伸知事は新型コロナでは合理的な対応をしたと一部評価されているが、IRカジノの推進については全く合理

続きを読む
菅官房長官「IRは必要不可欠」 | カジノワールド | カジノワールド

菅官房長官「IRは必要不可欠」 | カジノワールド | カジノワールド

自民党総裁選に立候補している菅官房長官は、テレビ神奈川の出演の中で、IRは必要不可欠であるとコメントしました。 今後の経済政策において、インバウンドの拡充、それに付随したIRの整備はひつようであるという考えです。 菅氏は、「カジノだけに目が行きがちだが、家族と共に過ごせる施設やホテル、国際会議の際に家族出来て宿泊で楽しめるなど、政府としてIRは進めていこうと思っている」と話しました。

続きを読む
4日から横浜IRの反対署名活動が始まる。 | カジノワールド | カジノワールド

4日から横浜IRの反対署名活動が始まる。 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の誘致を目指す横浜市で、誘致反対派による署名活動が4日から行われています。 署名を行う市民団体によると、条例制定の直接請求に必要な署名数は有権者の50分の1に相当する約6万筆であるものの、50万筆の署名を目指すということです。 署名は11月までの2カ月間行われ、選挙管理委員会に提出する方針です。

続きを読む
横浜でIR誘致反対集会が開催。誘致表明から一年の節目。 | カジノワールド | カジノワールド

横浜でIR誘致反対集会が開催。誘致表明から一年の節目。 | カジノワールド | カジノワールド

横浜市がIRの誘致を発表してから22日で一年となります。 それに合わせて反対派が集会を開催し、改めてカジノ反対を呼びかけました。 9月から反対を求める署名を集める方針で、市への直接請求の条件である6万人を目指すということです。

続きを読む