レットイットライド(Let It Ride)のルール、遊び方をカジノのプロが徹底解説!

レットイットライド(Let It Ride)と聞くとファッションブランドや馬の名前を想像する方も多いと思いますが、カジノでは大人気のゲームの名前でもあります。

今回は実際に海外カジノでレットイットライドをディーリングしたことがあるカジノディーラーが、レットイットライド(Let It Ride)のルール、遊び方についてお伝えしたいと思います。

レットイットライド(Let It Ride)の基本ルール

基本ルール

レットイットライド(Let It Ride)はポーカーを崩したような形のゲームです。

ジョーカーを除く52枚のカードが使用され、プレイヤーにはそれぞれ3枚のカードが配られ、テーブル上のコミュニティカード(共通カード)2枚が配られます。

これらの計5枚のカードによってポーカーの役が出来ると、その役の強さによって配当を得ることが出来るというルールになっています。

世界中で流行するテキサスホールデムポーカーは、他のお客さんが対戦相手となりお互いのチップを取り合うゲームですが、このLet It Rideは対戦型のゲームではなく、純粋にできた役に対して配当が出るという特徴があります。

レットイットライド(Let It Ride)の数字の数え方

対人ゲームであるテキサスホールデムポーカーの場合は、役の強さを相対的に比較するために数字の大きさが用いられます。

それに対し、絶対的な役の強さのみで勝負が決まるこのゲームでは数字は一見関係ないと思いがちですが、役として認められるのは10のワンペア以上となっています。

数え方はポーカー同様にAが一番強く、2が一番弱くなっています。

A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2

役については後述しますが、とりあえず10以上の数字が来ると強いという認識だけ持っておきましょう。

レットイットライド(Let It Ride)のゲームの進行

レットイットライド(Let It Ride)の賭け方

レットイットライド(Let It Ride)のレイアウトには、賭けるエリアが3つあり、それぞれ「1」「2」「$」とプリントされています。

このうち「$」の部分については「3」「Ante」と表現されているカジノもあるようです。

レットイットライド(Let It Ride)をプレイする場合は必ずこれら3つのエリアに同額のチップを置かなければなりません。

チップを置き、ディーラーが「No more bet」と賭けを締め切ったらゲームスタートです。

※ボーナスベットについては後ほど解説します。

レットイットライド(Let It Ride)のゲーム進行

カードの配布

まず、プレイヤーに3枚のカード、ディーラーに2枚のカードが裏向きで配られます。

プレイヤーはこの時点では、自分の3枚のカードしか見ることが出来ません。

 

1回目のBetタイム

3つのエリアに賭けた内の「1」の賭けについて、勝負をするか降りるのかを選択します。

プレイヤーは自身の3枚のカードを見て、

勝負をする場合は「レットイットライド(Let It Ride)」と宣言し、2回目のBetタイムへと進みます。

あきらめて降りる場合は「プルダウン(Pull Down)」と宣言し、「1」へ賭けていたチップについてはそのまま返却されます。

この時、「2」「$」へ賭けていたチップについてはそのままで、2回目のBetタイムへ進みます。

※ディーラーから返却されるまで、絶対にチップに触れてはいけません。

 

2回目のBetタイム

今度は「2」の賭けについて、勝負をするか降りるのかを選択します。

先程は自身の3枚のカードのみが判断材料でしたが、今回はコミュニティカード(テーブル上の共通カード)のうち、1枚が開かれた状態で判断をすることが出来ます。

勝負する場合は自身の3枚のカードを、「$」のベットの下へ裏向きで滑り込ませます。

1回目と同様、ここで勝負を降りる場合は「2」は返却され、残った賭け金で勝負することになります。

ややこしいですが、「$」の賭け方については下りることが出来ず、必ず勝負しなければならないBet。

「1」「2」についてはタイミング次第でそれぞれ降りることが可能なBetです。

そのため、降りると言ってもそのBetを降りるだけで、最終的にはどのプレイヤーもBetしているエリアの数は違えど勝負することになります。

勝敗の決定と配当の割合

10のワンペア以上の役が出来ていると、残っているBetに対して、その役の強さに応じた配当が支払われます。

何も役が出来ていない、もしくは出来ていても9のワンペア以下の場合、すべてのBetが没収されてしまいます。

当然成立する可能性の低い役であればあるほど配当の金額は多く設定されています。

そういった意味では、夢の見れるゲームと言っていいでしょう。

配当の割合リスト

A to Bとは、賭けた金額をBとしたときに、カジノから支払われる金額をAとしたものです。

役の名前 配当の割合
ロイヤルストレートフラッシュ(Royal) 1000 to 1
ストレートフラッシュ(Straight Flush) 200 to 1
フォーカード(Four of a kind) 50 to 1
フルハウス(Full House) 11 to 1
フラッシュ(Flash) 8 to 1
ストレート(Straight) 5 to 1
スリーカード(Three of a kind) 3 to 1
ツーペア(Two Pair) 2 to 1
10以上のワンペア(One Pair) 1 to 1

レットイットライド(Let It Ride)のボーナスベット

ご紹介した3つのエリアにベットする基本的な賭け方とは別に、多くのカジノで導入されているのがこのボーナスベットです。

ボーナスベットの賭け枠は3つの並んでいるBetエリアの上部に位置しており、賭けることが出来る金額も決まっていて、大抵1ドルです。

ボーナスベットに仕組みは、上位の役が完成したときに大きな配当を得ることが出来るというものです。

例えば、ロイヤルストレートフラッシュを完成させた場合、通常の賭け方ですと1000倍の配当が付きます。

これに対してボーナスベットで賭けた分については、20000倍の配当が付くことがほとんどです。

逆に、ボーナスベットではワンペアには配当が付きませんし、ストレート以上でないと配当が付かないカジノもあります。

このボーナスベットの配当については、カジノによって、配当される役も配当の金額も異なって来るので、今回はラスベガスのベラージオを例にご紹介します。

ボーナスベットの配当の割合リストinベラージオ

役の名前 配当の割合
ロイヤルストレートフラッシュ(Royal) 20000 to 1
ストレートフラッシュ(Straight Flush) 2000 to 1
フォーカード(Four of a kind) 400 to 1
フルハウス(Full House) 200 to 1
フラッシュ(Flash) 50 to 1
ストレート(Straight) 25 to 1
スリーカード(Three of a kind) 5 to 1

 

Let It Rideまとめ

Let It Rideはポーカーのようなゲームですが、対人戦のようなプレッシャーもなく、ワイワイ盛り上がることが出来るようなゲームです。

ラスベガスでは多くのカジノに置いてあり、それぞれのカジノでボーナスベットの数字が違ったりする楽しみもあるので、見つけた際はぜひプレイしてみてはいかがでしょうか?