俳優の田中圭さんに賭け麻雀報道。裏カジノ疑惑も。 | カジノワールド | カジノワールド

20181109.png

2018年11月9日のカジノニュースをお伝えします。

俳優の田中圭さんに賭け麻雀報道。裏カジノ疑惑も。

20181109.jpg

11月8日発売の「女性セブン」で、俳優の田中圭さんが賭け麻雀をしている様子が報じられた。

田中圭といえば、“おっさん同士”の純愛ストーリーを描いたドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の主演を務めた俳優。

深夜枠での放送ながら大きな話題を呼び、「おっさんずラブ」は流行語候補にも選出された。

記事によると、田中は都内繁華街の雀荘に1人で入店し、店の常連たちと麻雀を楽しんでいたという。

この店は最初に見せ金として2万円、現金とチップを交換し、最後にそれを換金する、所謂賭け麻雀の店。

1時間ほどの滞在時間でおよそ500円を勝って帰っていった。

これだけであればまだ可愛い話で済むのかもしれないが、これに加えて裏カジノ通いの噂もあるという。

7月21日、「東スポWeb」が

“ある超人気イケメン俳優が闇カジノに通っていて、捜査線上に浮上している”

と報じ、その三日後の7月24日にはこの報道を受けるかたちで「アサ芸プラス」が、

“『おっさんずラブ』も消滅? 闇カジノ出入り疑惑で田中圭の名が挙がったワケ”

という記事を掲載。

業界では大きな話題になっているという。

裏カジノ通いとなると、世間の目は厳しい。

バドミントンの桃田賢斗選手などの裏カジノ通いが発覚し、痛い目に合っていたのは記憶に新しい事件だ。

即逮捕とはならないものの、社会的な損失は計り知れないものがある。

日本ではIR(カジノを含む統合型リゾート)がこれから、という局面を迎えているわけであって、カジノに対するマイナスイメージを増加させないためにも、くれぐれも裏カジノ通いはやめた方がいいだろう。

その他の記事

和歌山県にIR反対署名が提出される。 | カジノワールド | カジノワールド

和歌山県にIR反対署名が提出される。 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の誘致を進める和歌山県で、反対派の市民団体らが合計16000ほどの署名を県に提出しました。 提出した団体はそれぞれ「カジノ問題を考える和歌山ネットワーク」「和歌山カジノに反対する海南の会」「ストップ!カジノ和歌山の会」で、そのうち「ストップ!カジノ和歌山の会」の代表は、 「仁坂吉伸知事は新型コロナでは合理的な対応をしたと一部評価されているが、IRカジノの推進については全く合理

続きを読む
菅官房長官「IRは必要不可欠」 | カジノワールド | カジノワールド

菅官房長官「IRは必要不可欠」 | カジノワールド | カジノワールド

自民党総裁選に立候補している菅官房長官は、テレビ神奈川の出演の中で、IRは必要不可欠であるとコメントしました。 今後の経済政策において、インバウンドの拡充、それに付随したIRの整備はひつようであるという考えです。 菅氏は、「カジノだけに目が行きがちだが、家族と共に過ごせる施設やホテル、国際会議の際に家族出来て宿泊で楽しめるなど、政府としてIRは進めていこうと思っている」と話しました。

続きを読む
4日から横浜IRの反対署名活動が始まる。 | カジノワールド | カジノワールド

4日から横浜IRの反対署名活動が始まる。 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の誘致を目指す横浜市で、誘致反対派による署名活動が4日から行われています。 署名を行う市民団体によると、条例制定の直接請求に必要な署名数は有権者の50分の1に相当する約6万筆であるものの、50万筆の署名を目指すということです。 署名は11月までの2カ月間行われ、選挙管理委員会に提出する方針です。

続きを読む
横浜でIR誘致反対集会が開催。誘致表明から一年の節目。 | カジノワールド | カジノワールド

横浜でIR誘致反対集会が開催。誘致表明から一年の節目。 | カジノワールド | カジノワールド

横浜市がIRの誘致を発表してから22日で一年となります。 それに合わせて反対派が集会を開催し、改めてカジノ反対を呼びかけました。 9月から反対を求める署名を集める方針で、市への直接請求の条件である6万人を目指すということです。

続きを読む