【シンガポール】Genting Singaporeの2018第3Q決算が発表。日本参入にも意欲

2018年11月10日のカジノニュースをお伝えします。

【シンガポール】Genting Singaporeの決算が発表。日本参入にも意欲

8日、シンガポールのIR事業者であるGenting Singaporeの2018年第3Q決算が発表され、3Q(7-9月)業績の円換算は、売上高524億円、調整後EBITDAは262億円、営業利益217億円、当期利益172億円となったことが分かった。

同社はシンガポール国内にて、Resorts World Sentosaを運営している。

マリーナベイサンズが有名だが、ここには日本でも人気のテーマパークUSJがある点などで大きな人気を博している。

今回の決算発表ではさらに、日本のIRへ参入する意向を発表し、

「日本では、2019年後半に事業者選定プロセスが想定される。日本のいくつかのエリアでは、Requests-For-Informationが実施され、当社は対応済み。現在、各地のステークホルダーと協議し、地域の理解に努めている」

とコメントした。