【大阪】松井知事、19年夏にIR事業者選定の方針

2018年12月3日のカジノニュースをお伝えします。

【大阪】松井知事、19年夏にIR事業者選定の方針

11月30日、大阪府の松井一郎知事が囲み取材の中でIR(カジノを含む統合型リゾート)誘致について発言。

政府が予定するスケジュールよりも早いスピードでの開業を目指す大阪府だが、これについて

「現在、(政府と)交渉している最中」とコメント。

また、事業者の選定についても

「来年夏には、事業者と交渉できる環境を作ってもらいたい。手続きに入ることは容認されるだろう」とした。

また、IR事業者に対して万博予算の一部負担を求めることを条件にするということについては

「そういうものはない。ただ、圧倒的なプランは出してもらいたい」と、先日の報道については否定する形となった。

大阪府では2024年までの開業へ向けて動いており、8月には最大3か所の区域認定について2018年内の仮認定を政府に求める考えも示していた。