共産党志位委員長、「カジノより福祉を」

 

2018年12月11日のカジノニュースをお伝えします。

共産党志位委員長、「カジノより福祉を」

日本共産党神奈川県委員会は9日、志位和夫委員長を迎えた演説会を横浜文化体育館で開催した。

3ヶ月後の統一地方選、6ヶ月後の参院選へ向けて行われた今回の集会で、満員の観衆のもと、志位委員長は
「この決着は選挙でつけましょう。来年の連続選挙を市民と野党の共闘の勝利、共産党の躍進で、安倍政権を退場させ、新しい政治をつくる選挙にしていきましょう」
と訴えた。
また、IR(カジノを含む統合型リゾート)についても触れ、
誘致先として神奈川県、横浜市、川崎市が候補に挙がっていることについて、
「人の不幸でもうけ、何の価値も生み出さないのがカジノ。県民から金を巻き上げ米国カジノ企業がもうかるだけ。『カジノはいらない』『カジノより福祉を』の審判を」
と、改めてカジノ導入に対して異論を唱えた。