2019年度予算案、カジノ関連に290億円を計上

2018年12月22日のカジノニュースをお伝えします。

2019年度予算案、カジノ関連に290億円を計上

21日、政府の予算案が閣議決定し、カジノ関連予算として290億1000万円が計上されたことが分かった。

多くが7月に成立したカジノ整備法の中の、「カジノ管理委員会」発足に関する予算で、同委員会設立準備費用に2億5000万円、同委運営費用として25億6000万円を計上している。

「カジノ管理委員会」は来年7月1日に発足予定。

内閣府の外局という扱いで、行政からは独立した存在となる。

始めは委員長1人と委員4人、事務局職員95人の計100人体制でスタートし、9億1000万円を人件費として計上している。