【北海道・苫小牧】苫小牧商工会議所の新年会が開催。

2019年1月9日のカジノニュースをお伝えします。

【北海道・苫小牧】苫小牧商工会議所の新年会が開催。

苫小牧商工会議所の2019年新年交礼会が7日、市内のホテルで開かれ、会員企業など295事業所から752人が出席し、新しい年の門出を祝いました。

式典には岩倉博文市長をはじめ、堀井学、山岡達丸両衆院議員、地元選出の道議会議員らが来賓で出席。

年頭あいさつで宮本知治会頭はIR(カジノを含む統合型リゾート)の誘致について、
「IRは新千歳空港の民営化や、(北広島市での)北海道日本ハムファイターズ・ボールパーク構想との相乗効果も期待できる。本道経済の起爆剤として実現できるよう、当会議所も活発に誘致活動を進めたい」
と述べ、IRの誘致に積極的に関与していく姿勢を改めて明確にしました。

岩倉市長(北海道苫小牧市)

また、来賓あいさつでは岩倉博文市長が
「今年はものづくり産業の展開と、大型冷凍冷蔵倉庫を中核とする臨海ゾーンでのフードロジスティクス(食関連の物流)、臨空ゾーンへのIR誘致―の三つを掲げてチャレンジする一年になる」
と抱負を述べ、官民一体でIRを誘致していく良い流れが出来ているとアピールした結果となりました。

北海道では今春に知事選が控えており、結果次第では誘致に大きく影響が出ることが予想されます。

海外IR事業者の事務所開設ラッシュもまだまだ続きそうで、今後も苫小牧市に注目が集まりそうです。

アベノミクス、仮想通貨に乗り遅れた方….
IRで活躍出来る、世界レベルのカジノディーラーになりませんか?
年収1000万円~!以下をクリックしてカジノのチャンスを掴もう!