【大阪】夢洲整備費用は950億円規模【2019/2/14のカジノニュース】 | カジノワールド | カジノワールド

20190214.png

2025年大阪・関西万博の会場予定地となる大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)について、土地造成やインフラ整備の総事業費が来年度からの7年間で950億円規模に上ることが14日、大阪市への取材で分かりました。

市は2019(平成31)年度の当初予算案(特別会計を含む)に、夢洲のインフラ整備費として57億7300万円を計上。大阪を代表する繁華街のキタ、ミナミと並んで、夢洲を中心とした「ニシ」エリアの集客拠点化の事業が今後、本格化していきます。

14日の記者会見で吉村洋文市長は

「万博が決まり、夢洲の活用に向けて基盤整備を進めるべき時期が来た。万博後の活用も見据え、着実に進める」と抱負を語りました。

万博の開催経費のうち、会場建設費(約1250億円)は国、経済界、大阪府市が3分の1ずつ均等に負担するが、その前段階となる夢洲の基盤整備は基本的に所有者の市が担います。

万博終了後、パビリオンなどは原則撤去され更地となり、跡地は新たなまちづくりに生かされます。

先日は、F1レースに用地が転用されるという構想も持ち上がりました。

夢洲の基盤整備にかかる950億円規模の総事業費の内訳は、地下鉄中央線(大阪メトロ)を延伸し、夢洲に新駅を設置する鉄道関連事業が計540億円と最も大きい。次いで万博予定地の造成で計136億円、上下水道の整備で計132億円を見込んでいます。

その他の記事

和歌山県にIR反対署名が提出される。 | カジノワールド | カジノワールド

和歌山県にIR反対署名が提出される。 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の誘致を進める和歌山県で、反対派の市民団体らが合計16000ほどの署名を県に提出しました。 提出した団体はそれぞれ「カジノ問題を考える和歌山ネットワーク」「和歌山カジノに反対する海南の会」「ストップ!カジノ和歌山の会」で、そのうち「ストップ!カジノ和歌山の会」の代表は、 「仁坂吉伸知事は新型コロナでは合理的な対応をしたと一部評価されているが、IRカジノの推進については全く合理

続きを読む
菅官房長官「IRは必要不可欠」 | カジノワールド | カジノワールド

菅官房長官「IRは必要不可欠」 | カジノワールド | カジノワールド

自民党総裁選に立候補している菅官房長官は、テレビ神奈川の出演の中で、IRは必要不可欠であるとコメントしました。 今後の経済政策において、インバウンドの拡充、それに付随したIRの整備はひつようであるという考えです。 菅氏は、「カジノだけに目が行きがちだが、家族と共に過ごせる施設やホテル、国際会議の際に家族出来て宿泊で楽しめるなど、政府としてIRは進めていこうと思っている」と話しました。

続きを読む
4日から横浜IRの反対署名活動が始まる。 | カジノワールド | カジノワールド

4日から横浜IRの反対署名活動が始まる。 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の誘致を目指す横浜市で、誘致反対派による署名活動が4日から行われています。 署名を行う市民団体によると、条例制定の直接請求に必要な署名数は有権者の50分の1に相当する約6万筆であるものの、50万筆の署名を目指すということです。 署名は11月までの2カ月間行われ、選挙管理委員会に提出する方針です。

続きを読む
横浜でIR誘致反対集会が開催。誘致表明から一年の節目。 | カジノワールド | カジノワールド

横浜でIR誘致反対集会が開催。誘致表明から一年の節目。 | カジノワールド | カジノワールド

横浜市がIRの誘致を発表してから22日で一年となります。 それに合わせて反対派が集会を開催し、改めてカジノ反対を呼びかけました。 9月から反対を求める署名を集める方針で、市への直接請求の条件である6万人を目指すということです。

続きを読む