【大阪】第10回IR推進会議、投資規模は9300億円【2019/2/13のカジノニュース】

2月12日、大阪府市IR推進局は、「第10回IR推進会議」を開催しました。

今回のテーマは「大阪IR基本構想(案)」について。

「大阪IR基本構想(案)」は、府市のIR事業者選定のガイドラインになっているもので、

大阪IRの要件について、

  • 敷地面積:約60ha
  • 投資規模:9,300億円
  • 施設規模:総延床面積100万㎡
  • 年間来場者数:1,500万人/年
    延利用者数:2,480万人/年,うちノンゲーミング施設:1,890万人/年,ゲーミング施設:590万人/年
  • 年間売上:4,800億円/年
    うちノンゲーミング:1,000億円/年,ゲーミング(GGR):3,800億円/年 (ゲーミング=カジノ)

などが明記されています。

また、

  • 行政・地域・IR事業者による協議体の設置
  • 施設・サービスの魅力向上に向けた継続的な投資による好循環の実現

なども挙げられています。

大阪府は今春より事業者選定を開始し、今夏にも事業者を最終決定する見通しです。

詳細は大阪府ホームページから