ネットカジノ店で発砲事件。2人重体。大阪ミナミ。【2019/3/11】

11日未明、大阪・ミナミの違法インターネットカジノ店で男性2人が銃で撃たれ、意識不明の重体となっていることがわかりました。

現場は、大阪市中央区宗右衛門町の、会員制インターネットカジノ。

警察によると11日0時40分ごろ、店に侵入した男が拳銃のようなものを2発発砲。

42歳従業員の男性が頭を、その場に居合わせた32歳の男性客が腹を撃たれ、どちらも病院に運ばれましたが意識不明の重体ということです。

男は30代くらいの身長160cmほどで黒髪の短髪、発砲後は北の方向へ走って逃げました。

警察は殺人未遂事件として男の行方を追っているものの、いまだ捕まっていません。

大阪府・市は、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指しており、こうした事件はカジノと凶悪犯罪を結び付ける印象を与えかねません。

そのため、誘致に向けては懸念材料となりそうです。