【大阪】知事選、自民候補はIR推進を公約。【2019/3/18のカジノニュース】

3月17日、大阪府知事選(4月7日投開票)に立候補した小西禎一氏(元大阪副知事・自民、公明府本部推薦)が公約を発表しました。

小西氏はこれまで維新の会主導で大阪府・市が誘致を進めてきたカジノを含む統合型リゾート(IR)について、推進のスタンスであることを公表。

ただし、実現へ向けてのプロセスや開業時期は慎重に検討する方針で、

「集客効果が大きい魅力的な事業。ギャンブル依存症などに対する懸念の声に、しっかりと理解を得る努力をする必要がある」

とコメントしました。

知事選は、大阪維新の会から大阪市長を務めた吉村洋文氏が立候補しており、両者ともにIR推進ではあるため大きな争点とはならない模様です。

大阪都構想を主なテーマにした選挙戦が行われると予想されています。