IR議連の議員らがIRの安全性をアピール【2019/5/16のカジノニュース】

16日、都内でカジノを含む統合型リゾート(IR)を推進する国会議員らが集まり、懸念されるカジノにおけるギャンブル依存症の問題についての安全性を訴えました。

推進派議員で作られるIR議連の会長である細田博之氏は

「ギャンブル依存症の対策、立法措置も講じられた」

自民党の荻生田光一幹事長は、

「企業の皆さんが熱いまなざしを日本に注いでほしい」とコメント。

また、議員らは「IRが健全だと誤解を解く運動をしてほしい」と求めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です