関西統合型リゾート展は、1万人以上が来場【2019/5/18のカジノニュース】

5月15,16日の2日間開催された関西統合型リゾート産業展は2日間で11,095名(1日目7,261名, 2日目3,834名)の来場者数となったことが分かりました。

大阪府・市が、パートナーとなる事業者選定に関する方針(RFC、RFP)を発表したこともあり、IRの動向に関心を持ったビジネスマンなどが数多く来場した模様です。

出展したIR事業者は以下の通り。

  • ウィン・リゾーツ・リミテッド
  • ギャラクシーエンターテインメントジャパン
  • ゲンティン・シンガポール
  • シーザーズ・エンターテインメント・ジャパン
  • 日本MGMリゾーツ
  • メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン
  • Las Vegas Sands Corp.

大阪ではIRに関する大規模な展示会の予定は今のところなく、今後は各社ともまずはRFCでコンセプト案を提出。

RFCで実際の事業者選定という流れになりそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です