【北海道】鈴木知事、IRの判断はまたも先送り【2019/6/22のカジノニュース】

20日、先日の知事選で新たに就任した北海道の鈴木直道知事は、道議会定例会にて知事就任後の初の道政執行方針演説を実施しました。

未だ誘致を決めかねているカジノを含む頭語型リゾート(IR)については、

「まずは正確な情報発信に努め、道民目線を大切に判断する」

とコメントし、これまで通り具体的な言及は避けるにとどまりました。

北海道では苫小牧市が最有力の誘致候補地となっていて、昨年から海外IR事業者らが事務所を開設するなどしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です