【横浜】IR事業者への土地提供方法、売却も視野【2019/9/5のカジノニュース】

統合型リゾート(IR)の誘致を先日表明した横浜市の林文子市長は4日の記者会見で、誘致候補地である山下ふ頭の約47ヘクタールの用地について

「IR事業者への意向調査や資料による調査を行い、貸し付けか売却かを決める」

とコメントし、私有地の売却も可能性として考えていることを明かしました。

山下ふ頭の47ヘクタールのうち、市は42.6ヘクタールを所持しています。

売却となった場合、反対派の運動はさらに激しくなることが予想されており、現時点では得策と言えません。

そのため、決断は当分先になるだろうと見られています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です