【大阪】IRを見据えたホテル開発などが進む【2019/10/13のカジノニュース】

統合型リゾート(IR)の誘致がほぼ確実視される大阪府・市で、新たな高級ホテル計画が複数進行していることが分かりました。

阪急阪神ホールディングスがJR大阪駅前に開業するほか、外資系企業らも進出をする見込みです。

背景には、統合型リゾート(IR)で見込まれる観光客の増加があり、今後大阪は万博・IRへ向けて、観光産業がより発展していく見込みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です