【大阪】IR用地は賃貸へ。売却しない方針。【2019/10/16のカジノニュース】

大阪府・大阪市が誘致を目指す統合型リゾートについて、大阪市の松井市長は16日、建設予定地である夢洲の用地についてIR事業者に貸し出す方針であることを明らかにしました。

売却はしない方針で、自治体が定める「実施方針案」にも盛り込む予定です。

松井氏は「IRは長期間にわたって安定・継続的に運営されることが重要」とした上で、「土地の所有権を持つことで主導的な立場を維持し、事業の円滑な実施を確保していく」とコメントしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です