【横浜】IR、コンセプト募集に応募したのは6社。

テレビ神奈川(tvk)の取材によると、横浜市が募集している統合型リゾート(IR)のコンセプト案(RFC)に、IR事業者6社が応募していることが明らかになりました。

ニュースの解説

神奈川県横浜市は8月に林市長がIRの誘致を決断した自治体です。

横浜氏林市長

そして10月16日、「IRの実現に向けた民間事業者からのコンセプト提案募集」(RFC)を公表しました。

 

参考までに、RFCとは、

Request for Concept

の頭文字を略したもの。

 

「日本型IRの実現」 「開発事業」「関連産業」の3カテゴリーについて募集され、「日本型IRの実現」に今回6社が応募しました。

また、このカテゴリーについては海外でのIR運営実績が求められているということです。

 

6社の内訳は、

  • ラスベガス・サンズ(米)

ラスベガス、マカオ、シンガポールなどでIRを運営する業界最大手。

  • ウィン・リゾーツ(米)

ラスベガス、マカオなどでIRを運営。創業者がスティーブウィン。

  • ギャラクシーエンターテインメント(香港)

主にマカオでIRを運営。

  • メルコリゾーツ&エンターテインメント(香港)

マカオを始めとして世界各地でIRを運営。

  • ゲンティン・シンガポール(シンガポール)

シンガポールのリゾートワールドセントーサを運営。

  • セガサミー(日本)

パラダイスシティ(韓国)を運営。ゲーミングマシンの開発なども。

 

6社とも11月7日に発表された【第1回[横浜]統合型リゾート産業展】への出展を行う予定です。

 

そのため、横浜市は今後この6社のうちいずれか、と手を組んで政府の区域認定を目指すこととなるでしょう。