和歌山県、IR用地の購入について合意済みと判明。およそ76億円。

和歌山県は、誘致を目指す統合型リゾート(IR)の用地について、すでに地権者との間で買収の合意をしていることが明らかになりました。

 

カジノのプロによる解説

和歌山県は早くからIR誘致の表明をしている都道府県です。

現在、実施方針の策定を進めています。

和歌山IRの建設予定地

建設予定地は、人工島「和歌山マリーナシティ」(和歌山市毛見)です。

現在は、リゾート施設などが運営されています。

今回の用地買収の解説

さて、今回明らかになった用地買収ですが、金額は76億円でした。

 

このタイミングで用地買収の合意をした理由としては、土地の価格の変動を避けたいことが挙げられます。

というのも、地権者が今後選定されるIR事業者と民間同士で取引をする場合、どうしても事業者によって金額に差が出てしまいます。

 

そのため、地権者の方から、県に「公有地にしてほしい」と要望があったようです。

 

もちろん、和歌山県がIRの設置の認可を受けることが出来なかった場合は、買収は行われません。

 

果たして、和歌山県のIR誘致が実現するのかどうか、楽しみですね!