横浜市、IR推進に4億円を計上。

統合型リゾート(IR)の誘致を表明している横浜市は、2020年度当初よさなんで、IR推進費として4億円を計上していることが明らかになりました。

 

横浜市は、今年度中に事業者の選定の基準などを定めた実施方針を策定し、事業者の公募選定を行う予定です。

事業者が決定後は、21年に予定される国への認可申請を目指します。

 

横浜市では、ギャンブル依存症の問題などからカジノに対する反対感情が強い地域です。

そのため、今年度は市民へのIRの説明会などをお是非子なってほしいですね。