現役カジノディーラーが教えるハンドヘルドブラックジャックのルール、遊び方

世界中で人気のブラックジャックには、ハンドヘルドゲームと呼ばれるスタイルのゲームが存在します。

このハンドヘルドとは一体どんな遊び方なのか?

今回はハンドヘルドブラックジャックについて現役のカジノディーラーが解説します。

 

ブラックジャックのルール

とりあえず、基本のブラックジャックのルールを簡単にご紹介します。

プレイヤーのオプションなどについての詳しい解説は、ブラックジャックのルールの記事をご覧ください。

ブラックジャックのルール、遊び方を現役カジノディーラーが徹底解説!

2018年7月29日

基本ルール

ブラックジャックはディーラーとプレイヤーが勝負をするゲームになります。最終的に配られたカードの数字の合計が21に近い方が勝ちとなります。

勝った場合は基本的に賭け額と同額の配当を得ることが出来ます。

ブラックジャックのゲームの流れ

枠内に賭け金であるチップを置いて、ディーラーがbet(賭け)を締め切ったらゲームスタートです。

イカサマ防止用のバーンカードを一枚捨てた後、ディーラーは各プレイヤーとディーラー自身ににカードを一枚ずつ、ディーラーから見て左から順に二枚配ります。

各プレイヤーのカードは表向き、ディーラーのカードは一枚が表向き(アップカード)、一枚が裏向き(ホールカード)となります。

カードが配り終わると、プレイヤーはより21に近づけるために、カードを追加で引く(ヒット)のか引かないのか(ステイ)を自分で判断することが出来ます。しかしカードの合計が21を超えてしまうと負け(バースト)になってしまいます。

バーストした場合、その場で賭け金は没収となり、カードは回収されます。

プレイヤーのアクションが終わると、ディーラーはカードの合計点数が17点以上になるまでカードを引き、最終的な点数の勝負となります。

なお、ディーラーの点数が21を超えてバーストした場合には、その時点で賭け金を置いているプレイヤーは全員勝ちになります。

点数の数え方

ブラックジャックはカード(トランプ)を用いたゲームです。

A(エース)からK(キング)までの13枚がスペード♠、ハート♥、クラブ♣、ダイヤ♦の四種類、合計52枚のカードを1組として、ブラックジャックでは6~8組のカードが使用されます。

ブラックジャックではA(エース)は1または11、2~9までの数字は数字通りに数えて、10~K(キング)までの数字はすべて10と数えます。

カードのスペード♠、ハート♥、クラブ♣、ダイヤ♦などの記号や色はゲームに影響しません。また、ジョーカーのカードも使用しません。

点数の計算の例とブラックジャックについて

例えば最初に配られたカードが上のようになっていた場合、プレイヤー側の点数は右側から順番に

・3と4の合計の7点

・A(1or11)と3の合計の4点or14点

・K(10)と10の合計の10点

・A(1or11)と10の合計の11点or21点

となります。

最初の二枚のカードで完成したAと10(10と数えるカード)の21点となる組み合わせは組み合わせはブラックジャックという役になります。

追加したカードによって三枚以上の組み合わせで21になった場合はブラックジャックにはなりません。

本来であれば、勝った場合は賭け金と同額の配当(1 to 1)を受け取る仕組みになりますが、ブラックジャックという役が成立した場合は、ディーラーが同様にブラックジャックだった場合を除いてその時点で勝ちとなり、賭け金の1.5倍の配当を受け取ることが出来ます。

ディーラーにブラックジャックが成立した場合は、ブラックジャックの引き分けを除いて、プレイヤーがアクションを行う前に全ての賭け金が没収となります。この時、賭けた金額以上に没収されることはありません。

ブラックジャックのハンドヘルドゲームとは

では、ハンドヘルドゲームとはどのようなゲームなのでしょうか?

一般的なブラックジャックのルールでは、ディーラーが表向きにカードをプレイヤーに配ります。

これに対してハンドヘルドゲームの場合、カードはディーラーによって裏向きにそれぞれのプレイヤーへ配られます。

この時のカードの配り方が、ポーカーのようにディーラーが手に持ったカードの束からカードを投げることから、hand heldと呼ばれています。

そのため、使われるカードが1デックもしくは2デック(1デック52枚)で、毎ゲームごとにカードが全てシャッフルされることが特徴です。

ハンドヘルドゲームの魅力

ハンドヘルドゲームの魅力は何といっても裏向きでカードが配られることではないでしょうか?

結果が左右されることは無いにせよ、自分でカードを見るというのは楽しいものです。

カードがテンポよく投げられて配られる(ピッチング)ことも、楽しく感じると思います。

ハンドヘルドゲームの遊び方

ルールが極端に変わるわけでもないので、ブラックジャックを遊んだことがある人であればすぐに楽しめるハンドヘルドゲームですが、気を付けなければならない変更点が一つだけあります。

それは、プレイヤーがアクションを選択する際のハンドシグナルです。

ということで、少しややこしいハンドシグナルについて解説します。

一般的なブラックジャックのハンドシグナル

ヒット(Hit)・・・カードを追加で引く

テーブルの上を軽く叩くとヒットのサインになります。

スタンド(Stand)・・・カードを引かず、そのまま

手を広げながら下向きに振るとスタンドのサインとなります。

ハンドヘルドブラックジャックのハンドシグナル

ヒットの場合

カードでテーブルをなぞるように二回ほど引き寄せることで、ヒットのサインになります。

自身の手札はテーブルの他のプレイヤーには非公開なので、その点にだけ注が必要です。

スタンドの場合

賭け金の下にカードを差し込むことで、スタンドのサインになります。

ハンドヘルドブラックジャックのまとめ

ハンドヘルドゲームは、非常にエキサイティングなゲームを楽しむことが出来るものですが、現在ではあまり見られないスタイルになってしまいました。

アジア圏では見たことがありません。

ラスベガスの一部のカジノで、プレイすることができるようです。

見かけた際はとりあえずプレイしてみてはいかがでしょうか?