カジノのスロットマシンのルール、遊び方は?大当たりや定番の機種まで解説。

テーブルゲーム初心者にとってスロットマシンはカジノでは定番のゲームですが、日本でのスロットマシンとは大きく異なるため戸惑ってしまう方も多いでしょう。

今回は、カジノのスロットマシンの遊び方・やり方から、日本のスロットとの比較、カジノの定番スロット機種、大当たりのジャックポットなどについて解説します。

カジノへ行く前に、スロットマシンの正しい知識を身に着けて楽しみましょう!

1.カジノのスロットマシンの遊び方

まずはややこしいルールを覚える前に、簡単にゲームを遊ぶ流れを解説します。

操作自体は難しいものではないので、流れだけ覚えればすぐに遊べるようになるでしょう!

1-1.スロットマシンに現金を投入

カジノのテーブルゲームではチップを用いることが多いですが、スロットマシンではチップは扱いません。

直接機械に現金を投入する、もしくは現金がチャージされた会員カードやチケットやバーコードをマシンに読み込ませるとゲームを始めることが出来ます。

スロットマシンの現金、チケット投入口

現金はカジノの現地通貨のみの対応であることがほとんどのため、もし持っていない場合はカジノ内のCasher(両替所)で両替をしてもらうと良いでしょう。

例えばスロットマシンを韓国で遊ぶ場合はW(ウォン)、ラスベガスでは$(ドル)を使うことになります。

両替について

カジノでの両替のレートは決して良くないことが多いです。

両替時に貰う控えをレシートを持っておくと、その金額までは同じレートで両替をしてもらうことが出来るので、無くさないように持っておきましょう。

1-2.1ラインあたりの賭け金を決める

スロットマシンのラインの一例

基本的にスロットマシンは、絵柄がそろった場合に当たりになるゲームです。

ラインとは、この絵柄の組み合わせを決める横の列のことです。

スロットマシンで設定する賭け金のレートは、1ラインにいくらを賭けるかというように設定されます。

当然、1ライン当たりの賭け金を賭け金を大きくすれば当たった場合の恩恵は大きくなります。

多くのスロットマシンでは、同じ台でいくつかのレートでプレイできるようになっているので、自分の予算にあった選択をすると良いでしょう。

台選びのアドバイス

スロットマシンには、最低賭け金の値が基本的に示してあります。

これは基本的に1ラインあたりの金額であるため、台を選ぶ際は1回転あたり実際どのくらいの金額が必要なのかをしっかり見極めるようにしましょう。

ちなみに、1回転あたりの金額が$100を超えるようなものも中にはあるようです。

1-3.ベットするラインの数を決める

ラインを選択するボタン

カジノのスロットマシンは、自身の賭けるラインの数を決めることが出来ます。

賭けるラインの数が多いほど当たるチャンスは多くなりますが、その分必要な賭け金も多くなります。

カジノのスロットマシンにはやたらボタンの種類が多いですが、そのほとんどがこのラインを決めるボタンなので、慣れれば非常に簡単なものになっています。

1ライン当たりの金額とラインの数
賭け金は1ライン当たりの金額を増減させて調節することが基本です。

ラインの数はどんな機種であれマックスにしましょう。

1-4.スロットマシンの回転

「Spin」ボタン

「Play」「Spin」などと書かれたボタンを押すか、横のレバーを引くと回転が始まります。

日本のスロットマシンは回転するリールをプレイヤーが止めますが、カジノのスロットマシンでは自動的に停止します。

二回目以降は先程設定した1ライン当たりの金額・ラインの数を設定しなくても、クレジット(残高)さえあれば同じ条件で遊ぶことが出来るようになっています。

1-5.クレジットの増減

スロットマシンでは毎ゲームごとに、「1ライン当たりの賭け金×ラインの数」がクレジットから引かれます。

後述するジャックポットが出た場合はカジノのスタッフを呼ぶ必要がありますが、そうでもない限り当たった金額はクレジットに加算されます。

もし、クレジットが尽きてしまった場合でも、再度お金を投入すれば問題なくゲームを続けることが出来ます。

1-6.スロットマシンの遊戯の終了と換金方法

スロットマシンの遊戯が終了し、クレジットが残っている場合は換金が必要になります。

換金方法はカジノによって異なるので注意が必要です。

最も一般的なのは、マシンからバーコードのチケットのようなものが発行されるものです。

これを専用の換金マシン、もしくはカウンターへもっていくと換金をすることが出来ます。

これに対し、近年増えているのはカジノの会員カードにクレジットのデータを記録し、換金マシン、カウンターへもっていくと換金できるものです。

ちなみに、換金せずに違うスロットマシンで遊戯することも可能なので、いろいろな機種を楽しみたい場合はそうすることもありかもしれません。

2.カジノのスロットの当たりと大当たり、ジャックポットとフリーゲーム

カジノのスロットで大当たりといえばジャックポットですが、このほかにもフリーゲームと呼ばれる大当たりがあるのをご存知でしょうか?

この2種類の大当たりが絡まないと、カジノのスロットで大勝ちすることはできません。

ということで通常の当たりに加え、それらについて解説していきたいと思います。

2-1.ジャックポット

ジャックポットはカジノのスロットマシンの華です。

一撃で当選する金額もすさまじいものがあり、たったの数ドルが一瞬にして数万ドルに化けるなんてことも夢ではないでしょう。

ジャックポットのしくみと当たり方

ジャックポットの仕組みは単純です。

多くのプレイヤーがスロットマシンに投じた金額の一部が積み立てられ、運よく特定の絵柄をそろえたプレイヤーが、貯まっている莫大な金額を手にすることが出来るのがジャックポットの仕組みです。

高額のジャックポット当選をした場合は、機械が止まり、カジノのスタッフを呼ぶように指示がされます。

その後はトラブルにならないよう、屈強なガードマンに護衛されながら事務所で説明などを受け、金額の受け取りについての話をされることになります。

当選金には税金が課せられるので注意しましょう。

カジノで勝った時の税金は?ギャンブルと税金の解説。

2018年7月29日

ジャックポットの金額は?

ジャックポットにもいくつか種類があり、同じ機種でも種類によっては小さな金額であることもあります。

また、積み立てられた金額が支払われるという特性上、前回のジャックポット当選の直後は非常に小さな金額になってしまいます。

ジャックポットが当選した場合の当選金の最低保証をしているカジノも中にはあるようです。

ジャックポットのマナー

当選者は、ジャックポット当選図柄を崩すのがマナーです。

カジノのスタッフから説明を受けた後に、フロアへ戻り一回転はさせましょう。

もちろん強制されるものではありませんが、次の人のためにも、古くからのしきたりに従ってみると良いと思います。

 

2-2.フリーゲーム

フリーゲームのしくみと当たり方

フリーゲームは、その名の通り無料で回すことが出来るゲームのことを言います。

特定の図柄をそろえるとフリーゲームに突入します。

もちろん、1ラインあたりの賭け金と、ラインの数はフリーゲーム突入時と変わりません。

フローゲームはジャックポットよりも多く出現しやすく、全く遭遇できないということはおそらくないでしょう。

フリーゲームの金額は?

ジャックポットは決まった金額の払い戻しを受けることが出来るのに対し、フリーゲームでどのくらいの金額を獲得できるのかは突入時にはわかりません。

フリーゲームは、単に決まった回数無料回転できるだけでなく、通常時よりも図柄がそろいやすく、配当もそれぞれかなりの倍率に増やされています。

そのためフリーゲーム中の払い戻しでどれだけ増やすことが出来るのかが、カジノのスロットマシンを攻略する方法です。

2-3.通常の当たり

日本のスロットで言う子役に当たるものです。

通常の絵柄をそろえると、配当がクレジットに補充されます。

大勝ちと呼べるような当たりも無いので、あまり期待しない方が良いでしょう。

フリーゲーム中は払い戻しが大幅に増加するので、期待が持てるようになります。

3.おすすめのカジノのスロットマシン

大きなカジノではスロットマシンが数千台置いてあることも珍しくなく、どれを選べばよいのかわからなくなってしまうかも…

自分に合ったレートで遊戯することも勿論ですが、機種ごとの性質を理解するとスロットマシン選びの幅が広がるでしょう。

ということで、おすすめのカジノスロットマシン機種をご紹介したいと思います。

3-1.MEGABUCKS(メガバックス):一攫千金の有名スロットマシン

ジャックポットの金額がとにかくぶっ飛んでいることで知られるメガバックス。

広域型と呼ばれるジャックポットの仕組みを採用していて、例えばラスベガスでは、カジノを跨いでラスベガス中にあるメガバックスのマシンからジャックポットの金額が積み立てられています。

そのため、とてつもない金額になりやすく、30億円を超えるジャックポットになったこともあったようです。

リールは3つなので、5つのリールに慣れていない日本人プレイヤーにとっても始めやすいでしょう。

最も有名なスロットマシンです。