メルコリゾーツ、大阪で会社説明会を地元企業向けに開催

2018年11月16日のカジノニュースをお伝えします。

メルコリゾーツ、大阪で会社説明会を地元企業向けに開催

12日、メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン株式会社は大阪府内で会社説明会「パートナー・オブ・フューチャー(Partner of the Future)」を開催した。

今回の説明会は大阪の地元企業向けに開催されたもので、メルコリゾーツが今後大阪府・大阪市のIRパートナーを目指していくなかで、同社の事業理念などを伝えていくことが目的。

大阪の地元企業の経営者など約およそ100名が参加した。

メルコリゾーツ側から出席したのは各部門最高責任者6名で概要と名前は以下の通り。

 会社概要:
ジェフリー・スチュアート・デイビス
エグゼクティブ・バイスプレジデント兼最高財務責任者(CFO)
メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン 代表取締役最高経営責任者(CEO)

日本チームと最近のコラボレーション事例の紹介:
白男川 亜子
メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン株式会社 日本オフィス社長

コーポレートガンバナンス:
ステファニー・チュン
エグゼクティブ・バイスプレジデント兼最高法務責任者

人材開発:
ケリー・アキコ・タカハシ
エグゼクティブ・バイスプレジデント兼人事
およびCSR(企業の社会的責任)責任者

建築デザイン:
ジャヤ・ジェスデイソン
建築・設計担当エグゼクティブ・バイスプレジデント

マーケティング:
フレデリック・ウィンクラー
エグゼクティブ・バイスプレジデント兼マーケティング
およびブランド最高責任者(CMO))

地元企業との連携の大切さや、日本の観光先進国実現に向けて重要性がさらに増すアジア地域のプレミアム層への需要創出となるIR開発についても紹介を行い、有力なIR事業者の候補としての存在感をアピールした形となった。

大阪でのIRオペレーターにはほかにMGMリゾーツなどが立候補している。