【長崎県】IR事業者らとの意見交換会を3月に開催【2019/2/19のカジノニュース】

長崎県は18日、佐世保市と共同で誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)について、3月に国内外のIR事業者らと意見交換会を行うことを発表しました。

詳細は以下の通り。

1、開催日時

平成31年3月7日(木)、8日(金)午前10時~午後5時(予定)

1事業者あたり1時間を予定しており、個別に設定します。

2、場所

  東京都内(会場未定、別途通知します)

3、説明会内容

(1)長崎IRの具体的な検討に必要となる情報(資料)の提示

(2)県から事業者への質問(土地利用の希望、県への要望、検討方向性の確認等)

(3)事業者から県への質問

(4)その他

4、参加対象

 本意見交換会は、長崎IRについて出資を通じて事業運営に中心的に関与することを予定する事業者を対象とすることから、以下のいずれかの参加要件を満たす事業者を対象とします。

1.IR整備法第2条10項における「カジノ施設」と同等の施設を海外において所有し、カジノ事業の運営を行っている事業者(グループとして実績がある場合を含む)

2.将来、長崎IRについてコンソーシアムへの出資を通じて主体的にIR事業運営への関与を検討している事業者

長崎県ホームぺージ

長崎県は、ハウステンボス(佐世保市)へのIR誘致を目指しており、今年度から事業者選定を本格的に行っていく見通しです。