ラスベガスサンズ、「IRに適したのは大阪のみ」【2019/5/31のカジノニュース】

大阪地域でのIR進出に関心を寄せる大手IR企業「ラスベガス・サンズ」の社長最高執行責任者であるRobert G. Goldstein氏が、「大型IRに適した土地は大阪のみ」とコメントしました。

「何万平方メートルのコンベンション用の施設や何千室のホテル客室が可能なのは大阪だけである」との見解です。

また、競合各社が大阪地域への進出を検討していることについては、

「ラスベガス・サンズがシンガポールとマカオで大型IRを開設した実績が有利となる」と、同のこれまでの実績がプラスに作用するだろうと考えを示しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です