メイウェザー、日本でのカジノ関連ビジネスに関心【2019/6/13のカジノニュース】

先日の那須川天心との試合でも注目を集め、プロボクシング史上初めて無敗(50戦全勝)で世界王座を5階級制覇するなど輝かしい実績を持つフロイド・メイウェザー・ジュニア(42=米国)が突如来日し、13日記者会見を行いました。

度々私生活が取りざたされるメイウェザーですが、今回の来日の目的について、日本で今後誕生するカジノを含む統合型リゾート(IR)についての関連ビジネスや、リゾート地でのホテル建設を県とするためと説明。

日本での関心以上に、日本型IRは世界から注目を集めていることが如実に表れたと言えるでしょう。

また、本業のボクシングについては、今後もRIZIN興行、もしくは自主興行での益し美女運などを通じて来日していきたい旨を明かしており、日本との関係はより親密なものになっていくだろうと見られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です