【横浜】港運協会会長「命張っても反対」【2019/8/24のカジノニュース】

横浜市が統合型リゾート(IR)の誘致を決定したことを受け、これまで誘致に反対してきた横浜港運協会の藤木幸夫会長は、

「ここはわれわれ港湾人の聖地であり、博打(ばくち)場にしない」と強調したうえで、

「横浜の将来のために良かったと思われる守り方をしていきたい。(カジノのような)犯罪的なものは一切しない」

とコメントしました。

誘致候補地は横浜ふ頭が予定されており、同協会の事務所を含む港湾事業者らは立ち退きを求められる方針。

これについて、「私は命を張って反対していく」として、今後も断固反対の姿勢で行くことを示しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です