【横浜】立憲民主党枝野氏「我々にもうそをついた」【2019/9/1のカジノニュース】

立憲民主党の枝野幸男代表が30日の定例会見で、横浜市の林文子市長がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を表明したことを批判しました。

林市長は2017年の市長選の時点では、IR誘致について「白紙」としており、「市民の理解や合意を得て判断するべきだ」としていました。

この時、当時の民進党、現在の立憲民主党の議員らの一部が林氏を支援していた経緯があり、今回の突然の決断について立憲民主党側としては虚を突かれたという気分のようです。

枝野代表は「われわれにもうそをついたということで、神奈川県連は強く抗議をしていると承知している」としたうえで、

「カジノそのものは絶対反対」

「各自治体の問題なので、基本的には県連(の問題)」

「県連の判断を待ちたい」としました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です