エクスカリバーのカジノ詳細情報【ラスベガスのおすすめカジノ】

ラスベガスの超有名カジノホテル、エクスカリバー(excalibur)の情報をまとめました。

特徴や魅力、カジノの基本情報からポーカールーム情報、ホテルの部屋、おすすめレストラン、アクセス、感想・評判・口コミまで網羅。

エクスカリバー・ラスベガスへ行くならこれを読めばもう安心!

是非参考にしてみてください!

エクスカリバーホテル&カジノの基本情報

住所  3850 South Las Vegas Boulevard
最寄り駅 MGMグランド(MGM grand station)
電話番号 +1 702-597-7777
営業時間 24時間
定休日 無し
年齢制限 21歳から入場可能
公式ホームページ エクスカリバー公式サイト
テーブルゲームの数 81
マシンゲームの数 1500
ポーカールーム 有り
日本語スタッフ 有り
カジノへの入場料 無料
ミニマムベット $5~

エクスカリバーの特徴、魅力

エクスカリバーラスベガスの歴史

1990年6月19日にオープンしたエクスカリバーは、4000室という圧倒的な客室の多さから、当時世界最大のホテルでした。

現在でも、ラスベガスでは7番目、世界では11番目に大きいホテルとなっています。

ミラージュの建設を機に始まったテーマ型ホテルのブームに乗っかって作られたこのホテルは、中世をイメージして作られていました。

その巨大さ、美しさ、人気はラスベガスでも群を抜いており、以前はラスベガスの象徴的存在でもありました。

しかし、2006年から始まった改修工事によって、中世のイメージとしてあった像や壁画はほとんどなくなってしまっています。

今では、他のホテルがこれでもかというくらいに豪華で高級な方向を目指す中、どちらかというと安く楽しむことが出来る家族向けのテーマパーク的な存在になっています。

エクスカリバーラスベガスの外観、インテリア

エクスカリバーの外観

エクスカリバーの外観は、建設当時から変わらず、この中世の城のようなモニュメントが特徴的です。

正面から入ると、この城が出迎えてくれます。

天井に何故か色が塗られているなど、少し安っぽいと感じることもありますが、夜になるとまるでディズニーランドのような美しいお城が姿を現します。

とはいえ、ホテルの宿泊施設やカジノ施設がこの中に存在していれば良いのですが残念ながらそうではありません。

悪い言い方をするとただのハリボテです。

宿泊できるホテル、カジノは周りを囲うように作られているビルの中にあります。

ホテルの中はというと、正直ラスベガスの中では安っぽい、汚いという印象を受けてしまうかもしれません。

エクスカリバーのロビー

エクスカリバーのカジノの様子

インテリア全体の老朽化も進んでいて、気になる人は気になってしまうかもしれません。

最古参とまでは行きませんが、ラスベガスの中でも古参に入るホテルなのである程度は仕方がないでしょう。

もちろん他のラスベガスのホテルと比べた時の評価なので、決して泊まれたもんじゃない、遊べないなんてことは無く、素晴らしいホテルであることは間違いないです。

付近にMGMリゾーツの系列のホテルがいくつかあり、そこからのアクセスも良いので、いつもお客さんで賑わっています。

エクスカリバーラスベガスのプール

エクスカリバーのプール

エクスカリバーラスベガスの内装が少し残念であることは触れましたが、プールに関してはそこそこ良いという評判です。

もちろんミラージュマンダレイ・ベイのようなラスベガスでもトップのプールには遠く及びませんが、宿泊者の多くがプールには満足しているようです。

ある程度清潔感があり、子供用、大人用のプールもしっかりある。

それでいてちょっとしたウォータースライダーなどもしっかりあり、シーズン中は常に混雑しています。

大人用のプールには$10が必要になってしまうのがマイナスポイントでしょうか…

営業時間:午前10時から午後6時まで

エクスカリバーラスベガスのゲームセンター

エクスカリバーの地下にはには家族連れにおすすめな巨大なゲームセンター「Fun Dungeon」があります。

カジノと違い、子供も一緒に遊べるので、家族連れにはお勧めです。

中にはアーケードゲームを始めとして、小さな子供が乗る乗り物などもいくつか用意されています。

カジノと比べると、低価格で長時間家族で楽しむことができるゲームセンターは、エクスカリバーの大きな魅力だと感じます。

エクスカリバーへのへのアクセス

沢山のカジノがひしめき合うラスベガスでは、お目当てのカジノにたどり着くことが意外と難しかったりします。

間違えて入ってしまっては、旅行の際に大きな時間のロスになってしまうので、注意が必要です。

ラスベガスという町はストリップ通り(The Strip)と呼ばれる大通り沿いにたくさんのカジノが並んでいる町です。

エクスカリバーも他の多くのホテルと同じく、ストリップ通りに面しています。

ということで、マッカラン国際空港からエクスカリバーへの行き方から、周辺へのアクセスなどを含めてお伝えしていきます。

マッカラン国際空港からエクスカリバーまでのアクセス

シャトルバスを利用する

 

無料の空港シャトルバスは、残念ながら多くのラスベガスのホテルで存在せず、このエクスカリバーも例によって存在しません。

エクスカリバーには$7ほどの空港シャトルバスも運行していますが、基本的にはほかの交通手段をお勧めしています。

タクシーを利用する

 

空港タクシー乗り場から、タクシーへ乗ることが出来ます。

料金は高くつきますが、予約も必要ないので、急いでいる方にとってはお勧めです。

タクシー料金の目安:2000~2500円

所要時間の目安:10分ほど

Uberを利用する

 

日本ではなじみのないUberですが、本場アメリカのラスベガスでは、Uberを使いこなすことが出来ると、移動がぐんと楽になります。

Uberの使い方についてはこちらをご覧ください。

Uberの使い方inラスベガス。マッカラン空港の乗り場はどこ?

2018年8月26日

乗り場が少し変な場所にあったり、予約が必要な点などの面倒もありますが、料金の安さや手軽さを考えると、ぜひUberの利用をお勧めしたいと思います。

早朝、深夜の利用の場合は通常のタクシーと変わらない料金になることもあるので、フライトの到着時間次第では、向いていないかもしれません。

Uberの料金の目安:800円から1200円

所要時間の目安:10分ほど

レンタカーを利用する

レンタカー業者が集まるエリア

狭いようで実はかなりの大きさであるラスベガスを攻略するのに、レンタカーほど便利な乗り物は無いと思います。

しかし、マッカラン国際空港ではレンタカー業者が集まるエリアまで距離が3㎞程あり、そこまでは無料のシャトルバスで行かなければなりません。

空港は広いですが、いたる所に標識があり、rental car busesのほうへ行けば、レンタカー業者の集まるエリアまで行くことが出来ます。

マッカラン国際空港の標識

そこでレンタカー業者を品定めするとよいと思います。

日本車も数多く置いてあるので、車選びに苦労することはあまりないと思います。

日本と違って右側通行であるアメリカの運転になれている方には最もおすすめできるでしょう。

ただ、施設が施設が巨大すぎるがゆえに、ホテル及びカジノと駐車場が離れていることが多いです。

エクスカリバーの駐車場も、止める位置によってはホテル入り口までかなりの距離を要してしまうので注意が必要です。

公共交通機関を利用する

ラスベガスでは路線バスが発達していて、空港から各カジノへ路線バスを乗り継いでいくことが可能です。

エクスカリバーへ空港から直接行くバスは無く、バス一本で行き、途中で降りて長い距離を歩くか、乗り継ぎをして近いところへ行くのかのどちらかになります。

所要時間も30分は最低でもかかってしまい、利用することはあまりお勧めできません。

片道4ドルほどで済み、料金がほかの移動手段と比べて最も安いことが唯一のメリットです。