ゴールデンナゲット・ラスベガスの詳細情報【ラスベガスのおすすめカジノ】

ラスベガスの超有名カジノホテル、ゴールデンナゲット・ラスベガス(golden nugget las vegas)の情報をまとめました。

特徴や魅力、カジノの基本情報からポーカールーム情報、ホテルの部屋、おすすめレストラン、アクセス、感想・評判・口コミまで網羅。

ゴールデンナゲット・ラスベガスへ行くならこれを読めばもう安心!

是非参考にしてみてください!

ゴールデンナゲット・ラスベガスの基本情報

名称 Golden Nugget Las Vegas Hotel & Casino
住所 129 East Fremont St、ラスベガス、NV 89101、USA
電話番号 +1 702-385-7111
営業時間 24時間
定休日 無し
公式ホームページ ゴールデンナゲットの公式サイト
日本語スタッフ 無し
続きを読む

1983年のゴールデンナゲット

ゴールデンナゲットは1946年にオープンした、ラスベガスでも最も古いクラスのカジノホテルです。

オーナーは何度か変わっており、あのスティーブウィンもこのゴールデンナゲットを買収し、キャリアをスタートさせました。

2005年以降、テキサス州のランドリーズ社によって買収され、現在へ至ります。

1985年、2005年〜2007年、2009年に大規模な改装がされました。

ラスベガスの中心部ストリップ通りではなくダウンタウン地区にあるカジノホテルですが、ダウンタウン地区らしくないゴージャスで金ピカなつくりになっています。

ゴールデンナゲット・ラスベガスのプール

ゴールデンナゲットのシャークタンク

ラスベガスのホテル選びにはプールが欠かせません。

もともと砂漠地帯のラスベガスは夏の期間も長く、プールで涼む時間は非常に大切なものです。

続きを読む

ゴールデンナゲットのプールには、サメが泳ぐ水槽があることが大きな特徴です。

もちろん水槽はプールと別になっていますが、真横にサメを臨みながら泳ぐことが出来るプールは世界中にもほとんどないでしょう。

バーカウンターも併設されており、お酒を楽しみながらサメを鑑賞することもできます。

ホテル宿泊者は無料、その他の場合は平日$25、休日$35、6歳以下は無料となっています。

ちょっとした水族館に遊びに行く感覚で、別のホテルに泊まっていてもお勧めです!

ウォータースライダーもあるので、子供にとっては最高のプールです。

営業時間:午前9時~午後6時(季節によって変わります)

ゴールデンナゲット・ラスベガスのショー、エンターテインメント情報

ラスベガスで楽しむと言ったらカジノですが、各カジノホテルはカジノ以外にも様々なショー、エンターテインメントを提供しています。

ということで、ゴールデンナゲットのショー、エンターテインメント情報をまとめました!

続きを読む

Shark Tank Tours

ジャンル:体験

サメに近づいた様子

プールにサメが泳ぐゴールデンナゲットですが、そのサメに最も近づくことが出来るのが、このシャークタンクツアーです。

海洋生物学者のスタッフの案内を聞きながら、実際にサメの餌やりを見たりすることが出来ます。

体験が終わると、サメの歯をお土産でもらうことが出来る点もうれしいポイントです。

価格:$50

営業時間:水曜日と日曜日の午後1時半

 

その他にも、レギュラーイベントではありませんが、日々様々なショーやエンターテインメントが行われています。

ゴールデンナゲット・ラスベガスのバフェ

ゴールデンナゲットのバフェの様子

「バフェ」とは、所謂バイキング、ビュッフェと同じ意味で、食べ放題形式の食事のことを指します。

ラスベガスのホテルでは、多くのホテルでこのバフェを楽しむことが出来るようになっていて、もし泊まるのであれば絶対に行っておきたいスポットになっています。

続きを読む

ゴールデンナゲットのバフェでは、合計100種類以上のアジア、イタリア、アメリカ料理が用意されています。

ダウンタウン地区にあるため、ストリップにあるホテルと比べると、非常に安い料金でバフェを楽しめるようになっています。

価格と時間

朝食(午前7時〜午前10時30分)$ 11.99
昼食(午前10時30分〜午後3時30分)$ 12.99
夕食(午後3時30分〜午後10時)$ 19.99

金曜日~日曜日のシーフード&その他のディナー(午後3時半〜午後10時)$ 21.99

土曜日、日曜日のシャンパンブランチ(午前8時~午後11時半)$20ドル

ゴールデンナゲットラスベガスのおすすめレストラン

バフェも大事ですが、せっかくなのでいろいろなレストランに行きたいという方も多いのではないでしょうか?

ただラスベガスにはたくさんのレストランがあり、選ぶのにも一苦労。

ということでゴールデンナゲット内、付近にあるおすすめのレストランと評判を掲載しています。

続きを読む

Vic & Anthony’s

ジャンル:ステーキ、アメリカン

予算:$61~

Chart House

ジャンル:シーフード、ステーキ

予算:$31~60

Grotto

ジャンル:イタリアン、ピザ

予算:$11~30

ゴールデンナゲット・ラスベガスのカジノ情報

カジノと一口に言っても、たくさんのカジノがあるラスベガスでは、カジノホテルごとに規模や遊べるゲーム、レートやゲームのルールまで様々です。

ということで、ゴールデンナゲットのカジノの情報をまとめました!

続きを読む

ゴールデンナゲット・ラスベガスのカジノ基本情報

カジノの営業時間 年中無休、24時間営業
入場可能な年齢 21歳~
テーブルゲームの数 55
マシンゲームの数 1400
ポーカールーム 有り
日本語スタッフ 無し
カジノへの入場料 無料
ミニマムベット $5~

遊べるゲーム一覧

ブラックジャック
・スロットマシン
クラップス
ビデオポーカー
・ミニバカラ
ルーレット

ゴールデンナゲット・ラスベガスのポーカールーム情報

ゴールデンナゲットには13のポーカーテーブルが存在します。

テーブルでは禁煙です。

トーナメントは午前11時、午後3時、午後7時、午前1時に行われます。

ゴールデンナゲット・ラスベガスへのアクセス

沢山のカジノがひしめき合うラスベガスでは、お目当てのカジノにたどり着くことが意外と難しかったりします。

間違えて入ってしまっては、旅行の際に大きな時間のロスになってしまうので、注意が必要です。

ラスベガスは、ストリップ通り(The Strip)と呼ばれる大通り沿いにたくさんのカジノが並んでいる町です。

そんな中でゴールデンナゲットはストリップ通りではなくダウンタウン地区に位置しており、アクセスは決して良いとは言えません。

ということで、マッカラン国際空港からゴールデンナゲットへの行き方から、周辺へのアクセスなどを含めてお伝えしていきます。

続きを読む

マッカラン国際空港からゴールデンナゲット・ラスベガスまでのアクセス

シャトルバスを利用する

 

無料の空港シャトルバスは、残念ながら多くのラスベガスのホテルで存在せず、ゴールデンナゲット・ラスベガスにも無料バスは有りません。

空港からシャトルバス業者を予約して$8ほどで行くことが出来ますが、まず利用することはないでしょう。

タクシーを利用する

空港タクシー乗り場から、タクシーへ乗ることが出来ます。

料金は高くつきますが、予約も必要ないので、急いでいる方にとってはお勧めです。

タクシー料金の目安:2000~2500円

所要時間の目安:10分ほど

Uberを利用する

日本ではなじみのないUberですが、本場アメリカのラスベガスでは、Uberを使いこなすことが出来ると、移動がぐんと楽になります。

Uberの使い方についてはこちらをご覧ください。

Uberの使い方inラスベガス。マッカラン空港の乗り場はどこ?

2018年8月26日

乗り場が少し変な場所にあったり、予約が必要な点などの面倒もありますが、料金の安さや手軽さを考えると、ぜひUberの利用をお勧めしたいと思います。

早朝、深夜の利用の場合は通常のタクシーと変わらない料金になることもあるので、フライトの到着時間次第では、向いていないかもしれません。

Uberの料金の目安:1000円から1500円

所要時間の目安:10分ほど

レンタカーを利用する

レンタカー業者が集まるエリア

狭いようで実はかなりの大きさであるラスベガスを攻略するのに、レンタカーほど便利な乗り物は無いと思います。

しかし、マッカラン国際空港ではレンタカー業者が集まるエリアまで距離が3㎞程あり、そこまでは無料のシャトルバスで行かなければなりません。

空港は広いですが、いたる所に標識があり、rental car busesのほうへ行けば、レンタカー業者の集まるエリアまで行くことが出来ます。

マッカラン国際空港の標識

そこでレンタカー業者を品定めするとよいと思います。

日本車も数多く置いてあるので、車選びに苦労することはあまりないと思います。

日本と違って右側通行であるアメリカの運転になれている方には最もおすすめできるでしょう。

公共交通機関を利用する

ラスベガスでは路線バスが発達していて、空港から各カジノホテルへ路線バスを乗り継いで行く、もしくはカジノホテル付近のバス停まで行くことが可能です。

停車駅も多いため時間がかかってしまい、バスの時刻に縛られてしまうことがデメリットです。

そのため、最も安い移動手段ではありますが、基本的に空港からホテルへのアクセスでは路線バスをお勧めできません。