パークMGMラスベガス(旧モンテカルロ)の詳細情報【ラスベガスのおすすめカジノ】

ラスベガスの超有名カジノホテル、「パークMGMラスベガス(park MGM lasvegas)」(旧モンテカルロ)の情報をまとめました。

特徴や魅力、カジノの基本情報からポーカールーム情報、ホテルの部屋、おすすめレストラン、アクセス、感想・評判・口コミまで網羅。

パークMGMラスベガスへ行くならこれを読めばもう安心!

是非参考にしてみてください!

パークMGMラスベガスの基本情報

名称 Park MGM Lasvegas
住所 3770 S Las Vegas Blvd、Las Vegas、NV 89109、USA
最寄り駅 MGMグランド駅
電話番号
営業時間 24時間
定休日 無し
公式ホームページ パークMGMラスベガスの公式サイト

 

パークMGMラスベガスの特徴、魅力

パークMGMラスベガスの歴史

1996年、当初このカジノホテルはモンテカルロという名前でオープンしました。

買収の末、MGMリゾーツ・インターナショナルによって運営されています。

2016年6月、同年4月にオープンしたダイニング&エンターテイメント地区、The Parkにちなんで、モンテカルロからパークMGMへと名前を変更しました。

このモンテカルロからパークMGMへの改装工事は2019年頃まで続く予定です。

2008年、カジノを含む複数のエリアで火災が発生しましたが、死者はいませんでした。

火災当時の様子

パークMGMラスベガスの外観、インテリア

パークMGMの外観

パークMGMの外観は、その他の多くのラスベガスのホテルと比べて大きな特徴がありません。

もちろんラスベガスの中で目立たないだけであって、高級感のある立派なホテルになっています。

 

中へ入ると、ロビーには巨大な木の根が天井に張り巡らされたインテリアになっています。

大理石の床や、明るく風通しの良い空間は、高級なイメージを裏切らない、しっかりした作りです。

パークMGMラスベガスのプール

パークMGMのプール

パークMGMのプールは、3つの平凡なプールによって構成されています。

モンテカルロ時代は、波のプールなどがあったようですが、恐らく改修の時にプールも大きく変化してしまい、遊び心のあるプールではなくなりました。

現在のプールは非常に落ち着いており、子供向けというよりは、どちらかというと大人向けの空間になっています。

 

パークMGMラスベガスのプール詳細情報

営業時間:午前8時〜午後7時

※雨天等で予告なく中止になる場合があります。

パークMGMラスベガスのバフェ

「バフェ」とは、所謂バイキング、ビュッフェと同じ意味で、食べ放題形式の食事のことを指します。

ラスベガスのホテルでは、多くのホテルでこのバフェを楽しむことが出来るようになっていて、もし泊まるのであれば絶対に行っておきたいスポットになっています。

しかし、改修を機にモンテカルロ時代にあったバフェは無くなってしまい、2017年9月以降、このホテルにバフェはありません。

そのため、近隣のホテルのバフェを食べに行くしかないでしょう。

パークMGMラスベガスのカジノ情報

パークMGMのカジノ内部

パークMGMのカジノ基本情報

カジノの営業時間 年中無休、24時間営業
入場可能な年齢 21歳~
テーブルゲームの数 74
マシンゲームの数 1600
ポーカールーム 有り
日本語スタッフ 有り
カジノへの入場料 無料
ミニマムベット $5~

 

パークMGMラスベガスで遊べるゲーム

バカラ
・Crazy 4 Poker
ルーレット
・テキサスホールデム
ブラックジャック
クラップス
・パイゴーポーカー
3カードポーカー
・スロットマシン

パークMGMラスベガスのポーカールーム情報

13のポーカーテーブルが存在しています。(2018/5/30時点)

パークMGMラスベガスへのアクセス

沢山のカジノがひしめき合うラスベガスでは、お目当てのカジノにたどり着くことが意外と難しかったりします。

間違えて入ってしまっては、旅行の際に大きな時間のロスになってしまうので、注意が必要です。

ラスベガスという町はストリップ通り(The Strip)と呼ばれる大通り沿いにたくさんのカジノが並んでいる町です。

パークMGMもこのストリップ通り沿いの、南の方に位置しています。

ということで、マッカラン国際空港からパークMGMへの行き方から、周辺へのアクセスなどを含めてお伝えしていきます。

マッカラン国際空港からパークMGMまでのアクセス

シャトルバスを利用する

 

無料の空港シャトルバスは、残念ながら多くのラスベガスのホテルで存在せず、このパークMGMも例によって存在しません。

有料のシャトルバスが運行しているホテルも中にはありますが、調べた限りパークMGMには有料シャトルバスもありませんでした。(2018年8月現在)

タクシーを利用する

 

空港タクシー乗り場から、タクシーへ乗ることが出来ます。

料金は高くつきますが、予約も必要ないので、急いでいる方にとってはお勧めです。

タクシー料金の目安:2000~2500円

所要時間の目安:10分ほど

Uberを利用する

 

日本ではなじみのないUberですが、本場アメリカのラスベガスでは、Uberを使いこなすことが出来ると、移動がぐんと楽になります。

Uberの使い方についてはこちらをご覧ください。

Uberの使い方inラスベガス。マッカラン空港の乗り場はどこ?

2018年8月26日

乗り場が少し変な場所にあったり、予約が必要な点などの面倒もありますが、料金の安さや手軽さを考えると、ぜひUberの利用をお勧めしたいと思います。

早朝、深夜の利用の場合は通常のタクシーと変わらない料金になることもあるので、フライトの到着時間次第では、向いていないかもしれません。

Uberの料金の目安:800円から1200円

所要時間の目安:10分ほど

レンタカーを利用する

レンタカー業者が集まるエリア

狭いようで実はかなりの大きさであるラスベガスを攻略するのに、レンタカーほど便利な乗り物は無いと思います。

しかし、マッカラン国際空港ではレンタカー業者が集まるエリアまで距離が3㎞程あり、そこまでは無料のシャトルバスで行かなければなりません。

空港は広いですが、いたる所に標識があり、rental car busesのほうへ行けば、レンタカー業者の集まるエリアまで行くことが出来ます。

マッカラン国際空港の標識

そこでレンタカー業者を品定めするとよいと思います。

日本車も数多く置いてあるので、車選びに苦労することはあまりないと思います。

日本と違って右側通行であるアメリカの運転になれている方には最もおすすめできるでしょう。

ただ、施設が施設が巨大すぎるがゆえに、ホテル及びカジノと駐車場が離れていることが多いです。

パークMGMの駐車場も、止める位置によってはホテル入り口までかなりの距離を要してしまうので注意が必要です。

公共交通機関を利用する

 

ラスベガスでは路線バスが発達していて、空港から各カジノへ路線バスを乗り継いでいくことが可能です。

パークMGMへ空港から直接行くバスは無く、バス一本で行き、途中で降りて長い距離を歩くか、乗り継ぎをして近いところへ行くのかのどちらかになります。

所要時間も30分は最低でもかかってしまい、利用することはあまりお勧めできません。

片道4ドルほどで済み、料金がほかの移動手段と比べて最も安いことが唯一のメリットです。