横浜市、IR推進に4億円を計上。 | カジノワールド | カジノワールド

統合型リゾート(IR)の誘致を表明している横浜市は、2020年度当初よさなんで、IR推進費として4億円を計上していることが明らかになりました。 横浜市は、今年度中に事業者の選定の基準などを定めた実施方針を策定し、事業者の公募選定を行う予定です。 事業者が決定後は、21年に予定される国への認可申請を目指します。 横浜市では、ギャンブル依存症の問題などからカジノに対する反対感情が強い地域です。 そのた

続きを読む

野党追及本部が横浜市の候補地を訪問 | カジノワールド | カジノワールド

一連のIR汚職について、野党の追及本部のメンバーが横浜市のIR建設候補地を訪問しました。 IR誘致に反対する港湾事業者などから聞き取りを行った模様です。 とにかくカジノの設置を阻止することが目的のようで、今後も活動を続けるそうです。

続きを読む
横浜市長「(IR汚職は)あってはならないこと」 横浜市は誘致継続の方針 | カジノワールド | カジノワールド

横浜市長「(IR汚職は)あってはならないこと」 横浜市は誘致継続の方針 | カジノワールド | カジノワールド

横浜市の林文子市長は、一連のIR誘致に関する汚職事件について、 「あってはならないことだ。しっかり調べて、はっきりさせていただきたい」とコメントしました。 横浜市は昨年、IR誘致を決断。 林市長のもと、誘致に向けて住民説明会などを行ってきました。 横浜市にとって、IR誘致の反対運動も多い中で、今回こうした事件が起こってしまったのは大きな痛手。 それだけに、今回の事件は許せない部分があるのでしょう。

続きを読む

ウィンリゾーツ、横浜市に事務所の開設を発表! | カジノワールド | カジノワールド

大手IR事業者のウィン・リゾーツ(米)は11日、日本型IRの参入へ向けて横浜市内に事務所を開設する方針を明かしました。 ウィン・リゾーツは、ラスベガスのウォルトディズニーとも呼ばれたスティーブ・ウィン氏が創業したアメリカのIR事業者です。 ラスベガスやマカオなど、世界各地でIR、カジノなどを運営しています。 日本が実現を目指す統合型リゾート(IR)への参入についても以前から関心を寄せていて、大阪府

続きを読む

ラスベガスサンズ幹部、横浜に注力。東京は現状厳しいとの見方。 | カジノワールド | カジノワールド

IR運営の最大手ラスベガスサンズ(米)の幹部が取材に対し、横浜進出へ意欲を見せるとともに、東京の誘致は現状厳しいだろうという見方を示しました。 カジノのプロによる解説 ラスベガスサンズはアメリカ・ラスベガスに本社を置く、IR運営事業者です。 アメリカをはじめとして、マカオやシンガポールで、IR・カジノを運営しており、特にシンガポールのマリーナベイサンズについては、日本型IRのモデルとして高い評価を

続きを読む

【横浜】IR、コンセプト募集に応募したのは6社。 | カジノワールド | カジノワールド

テレビ神奈川(tvk)の取材によると、横浜市が募集している統合型リゾート(IR)のコンセプト案(RFC)に、IR事業者6社が応募していることが明らかになりました。 ニュースの解説 神奈川県横浜市は8月に林市長がIRの誘致を決断した自治体です。 そして10月16日、「IRの実現に向けた民間事業者からのコンセプト提案募集」(RFC)を公表しました。 参考までに、RFCとは、 Request for C

続きを読む